二十四節気:春分 〜自然と宇宙の氣に合わせて波動を上げる生活

だきしめたくなる写真・なでる東洋医学

根元 りなです。

今日は、二十四節気 『春分(しゅんぶん)』についてお届けします。

 二十四節気とは…? 

文字通り、1年を季節ごとに24等分され、

季節のズレを正しくさせるために考えられた区分。

季節の変化を知り、その時の宇宙のエネルギーを取り込む事で、

健康管理に役立つのはもちろん、夢の実現のサポートにもなります。

自然と宇宙の氣に合わせて波動を上げて、ワクワクの生活を手に入れよう☆

1年の二十四節気の4番目であり、春の4番目に当たる節氣。

春分は3月21日頃(2019年は3月21日)で、

太陽の軌道が天の真ん中を通って昼と夜の長さがほぼ等しくなり、

この日を境に昼間の時間が長くなっていきます。

「自然をたたえ、生物を慈しむ日」という国民の祝日でもあります。

春分の日前後3日間、合計7日間は「春彼岸」といわれ、

先祖のお墓参りをする習慣があります。

仏教では、

「あの世は西に、この世は東にある」とされ、

太陽が真東から昇って真西に沈む春分の日と秋分の日は、

あの世とこの世が最も通じやすい日と考えられ、

春と秋のお彼岸の時期にお墓参りをするようになりました。

氣(エネルギー)で春分のころを見ると、

上昇する陽氣と、下降する陰氣が互いに均一に混ざり合い、

一つの氣になります。

昼と夜の長さがほぼ等しくなることからも、

陰陽が半々になって、バランスがとれます。

また、芽吹いた草木が一氣に成長していく時期であり、

身体も血がとても盛んな時期。

高血圧や月経不順、アレルギー性の病気等がある方は、

バランスがとれるように養生をしましょう。

ちなみに今年の春分は満月と重なる特別な日☆

春分の日は、宇宙では新しい一年で「宇宙元旦」とも言われています。

宇宙、地球、そしてこの自然界に感謝して、

宇宙から愛される氣(エネルギー)をまとい、

波動を上げて健康や幸せを叶えていきましょう(^-^)/

外氣の取り込み方をご存知の方は、

ぜひ21日の満月を意識してみてください!

☆ イベント情報 ☆

✤ スマホでプロっぽい写真が撮れる!スマフォトセミナー

○日 時

7月10日(水) 10:30〜12:30

詳細はコチラ

 

 

 

この記事を必要な人のためにシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする