セミナー情報

Photo Lesson(セミナー情報)


愛犬レオと暮らし始めた頃・・・

私はこんな衝撃写真を撮っていました・・・

ワンコなのにフラッシュを炊き、

その光で毛が反射して平面的

ブサイクに写る角度に、

いきなりバチっと撮ったからマヌケな表情

これの酷い写真、スマホじゃなくて、

当時、高級デジカメだったSONYのサイバーショットで撮ったもの

でっ、

これがカメラを勉強した後の一枚

はい、同じワンコです(笑)

むしろ一枚目の方が若くて綺麗な頃…

気合い入れて撮ったわけではなく、

家の中でサックリと安いコンパクトデジカメで撮っただけ。

光もアングルも構図も

全てにおいて違うことが一目瞭然ですよね?

どんなに良いカメラを買っても

どんなに「カメラが優秀」と言われているスマホを買っても

キホンやコツがわかっていないと

微妙な写真

になるのです…!!

わが子のカワイイ写真を撮りたくて一眼レフやミラーレスを買ったけれど

カメラ任せでオートにしているのに

「なぜか暗い」「なんか色が変」

「子ども(犬)のスピードに追いつかない」

なんて話しをよく聞きます。

何度も言うようですが、キホンがわかっていないと、

どんなに高級なカメラでも上手く撮れないものなのです。

カメラのキホンさえわかってしまえば、スマホでも綺麗に撮れる。

そして、ちゃんと上手くなるコツと

伝えるためのカンタンテクニックを覚えれば、

どんなに古いスマホで撮っても

『その時が伝わる』写真を撮ることができるのです。

この写真はFacebookで300ほどのいいね!を頂きましたが、

古いAndroidで撮ったものです。

だから画質も良くない。

でも、犬が赤ちゃんを慈しんでいる様子が

よーく伝わってきますよね?(^_-)

写真は

を伝えるツール

わが子の写真を撮るとき、

親なら誰でも「かわいい!」「記念に撮らなきゃ!」と

必死になってシャッターを切りますよね。

確かに撮影時は自己満足状態ではありますが、

後になって、あるいは子どもが大きくなって一緒に見たとき、

『ぼく(わたし)はママに愛されている』と感じることができます。

誕生日や運動会、旅行などの特別な日はもちろんですが、

なにげない日々の様子でも、

レンズ越しにわが子としっかりと向き合って愛情を込めて丁寧にきざんだ写真は、

あなたにとっても家族にとっても最高の宝物(幸せの証)となるでしょう。

そして、見る人にも感動や幸せを与えることができます。

そんな感動の瞬間(シャッターチャンス)にいつも一緒にいることができるのは、

プロフォトグラファーでも誰でもなく

「ママであるあなた」なのです。

それは、もちろんペットちゃんにとっても同じです。

動物も写真を撮られるということを理解するので、

酷い状態で撮られるとカメラが嫌いにまでなります。

ペットとしっかりと向き合った写真は、

ペットが先立った時に「あなたへのラブレター」となって返ってきます。

そう・・・

子どもにとってもペットちゃんにとっても

最高で最幸のフォトグラファーは

ママであるあなたなのです。


Loving Photo

〜未来のキミに贈る愛の証〜

- Lesson Menu -

いつも身近にあるスマートフォンで

いつでもちゃんと綺麗にカワイく

ペットと子どもに特化したLoving Photoのスマフォトセミナーは
毎回満員御礼の人気セミナーです!

ー 現在開催中のスマフォト講座 ー

✤ペットスマフォト講座
〜うちの子きずなノート特別バージョン〜

「うちの子きずなノートワークショップ」にて開催中。

詳細はブログにて。⇒ コチラ

デジタル一眼レフで

記念日までしっかりと美しく

一眼レフで、目指せプロ級フォト!

ー 現在開催中のデジタル一眼レフ講座 ー

✤デジタル一眼 ベーシッククラス
一眼なんて超カンタン!デジタル一眼レフはじめの一歩〜
準備中

✤デジタル一眼 プライベートレッスン
随時受付中
お問い合わせは info@dogloversstory.com まで

この記事を必要な人のためにシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする