○○の循環がヒーリング効果や運氣を上げる

レオ
レオ
無料遠隔ヒーリング、なーんにも効果が感じられないんだけど、
ちゃんとヒーリングしてくれてる?
もしかして「うちの子さえ良ければいい」って状態になってない?
りな
りな
レオ
レオ
!!!

こんにちは!

根元 りなです。

毎月、新月の日に無料遠隔ヒーリングをやっていているのですが、

よくあるご感想に

「ヒーリング効果を感じない」

があります。

効果を感じられない子は、だいたい

・変化が微妙で感じられないレベル

・外からは分からないけれど数値が改善されていた

・無料レベルでは不十分(無料では氣を入れることしかしません)

といったことがよくあるのですが、

その他に大きな原因が一つあります。

(他にもあるけれど、今回は一つだけ…)

それは

うちの子さえ良ければいい

という考え。

無料遠隔ヒーリングを申し込まれる方の中に

たまにこの考えの方がいらして、

過去に体調が悪くて無料遠隔をやる余裕がなかったことがあったのですが、

「うちの子、具合が悪いのにどうしてくれるんですか!」

と、いったクレームを頂いたことがあります。

仕方がないので他のヒーラーさんを紹介したら、

無料でないから嫌だと言って怒られました。

それから約一ヶ月後、

その方のワンちゃんはお亡くなりになったのですが、

私が無料遠隔をしなかったからだと怒ってらっしゃいました。

今、この記事を読んでいるあなたは

そんなつもりはないかもしれませんが、

私のヒーリングに関わらず無料でサービスや優しさを受けて

「無料でラッキー♪」と思ってるだけで何もしないでいる、

これがダメだったりします。

自然界は均等を愛する


『自然界は均等を愛する』

・・・と言うと、

すごくスピリチュアルに偏った響きになりますが、

この言葉を言っていたのは、

私が在籍していた応用化学科の物理化学の教授でした。

だから、ガチ理系で論理的に考えてのこの言葉。

もちろんスピリチュアルや仏教的な業界でも、

この考えは肯定されています。

自然界は均等を愛する、この法則で考えていくと、

ラッキーが起きてそのままでいると偏りが生じて、

その分、マイナスなことが起こる

ということになります。

人から優しさをもらったら周りの人に分け与えるなどして、

しっかりとエネルギーを流してあげることで

氣が高まったり浄化されていきます。


そんな話は仏教の中でも説かれています。

7月または8月13日~16日に

「盂蘭盆会(うらぼんえ)」

という仏教行事が行われます。

現代の私たちに馴染みのある「お盆」の行事です。


盂蘭盆会は、「盂蘭盆経」で説かれている

「親孝行の教え」に由来しています。

盂蘭盆という言葉は、

サンスクリット語の「ウランバナ」の音写語で

「逆さ吊り」という意味なのですが、

なぜ「逆さ吊り」という言葉が使われるのでしょうか。

「わが子のために」が餓鬼道に…


お釈迦様の十大弟子の一人に、

神通力第一といわれる目連(もくれん)尊者という弟子がいました。

ある夏の暑い日に、

目連が天眼という不思議な力で亡くなった母親の姿を見てみました。

すると母親は「餓鬼道」という、

生前にケチなことをしていた人が向かう場所に堕ちており、

逆さ吊りにされて、飢えと渇きといった

「欲しい」という欲望だけが募り苦しんでいたそうです。

目連の母はなぜ餓鬼道に堕ちたかというと、

目連にはとても優しい人だったけれど、他人に対してはもらってばかりで、

施したり、恵むということを一切しない人だった

のです。

自分にはとても優しかった母を救うために、

神通力で水や食べ物を送っても目の前で蒸発したり灰になったりと

渡すことができないどころか、むしろ更に苦しめてしまっていました。

お釈迦さまの教え、全ての人を救う気持ち


目連は母を助けるために、お釈迦さまに救う方法を相談したところ、

『自分の力は母親だけのために使うのではなく、

同じ苦しみを持つすべての人を救う気持ちを持つように』

と諭されたそうです。

そこで目連は、修行僧達が修行が終わる7月15日に、

お釈迦様がおられる塔にお供物をお盆に盛って捧げて、

全ての修行僧達にご馳走をふるまいました。

その結果、修行僧たちは大変喜び、

その喜びが餓鬼道まで伝わって母親は救われたそうです。

また、この時に大喜びした修行僧達が踊り踊っていたこの踊りが

「盆踊り」の始まりだといわれています。


いかがでしたか?

母親は、わが子可愛さゆえに

「目連だけは!」となってしまったがために餓鬼道に堕ちた。

この理由を知った当の目連でさえも、

母親だけを救うことをお釈迦様に頼んでいます。

このことは、目連自身も餓鬼道に墜ちる身である、

ということを教えてくれています。

これって私たち自身にも当てはまるのではないでしょうか?

つい、

・自分だけ助かればいい

・うちの子だけ良ければいい

などと、

自分だけの幸せ感情を求めて

人が苦しんでいる姿に目をつぶっていませんか?

もちろん余裕がない時は自分を整えることが先決です。

でも、そればかりではいけない。

少しでも余裕ができたら周りの人に優しさを手向けてあげることが

とても大事なのだと思います。

冒頭でお話しをした

無料遠隔ヒーリングをしなかった私のせいで愛犬が亡くなったと言っていた飼い主さん、

もし人に感謝をする気持ちを持つことができたら、

あのワンちゃんはもう少し生きてくれたのかもしれませんね…

愛のエネルギーを循環させよう


人に優しさをもらったら、くれたその人に返してもいいし、

他の人に手渡してあげてもいい。

募金をしてもいいし、地域のゴミ拾いでもいい。

私の無料遠隔ヒーリングも同じです。

受けた分、誰かに優しくなってあげてください (^-^)

もちろん、ご感想を下さるのもOKです! ←おねだりしてるわけじゃないよw

たくさんの愛のエネルギーを循環して、

あなた自身も幸せになってください!

最後まで読んでくださってありがとうございました!

\友だち登録はこちらから/

 

 

この記事を必要な人のためにシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする