おうちメディカルヒーリング ベーシックコース


おうちメディカルヒーリング

ベーシックコース



信じられない話しかもしれませんが・・・

私には、

大病から命を救ってくれ、

母となる喜びを教えてくれた

16歳4ヶ月で息を引き取った、

『レオ』 という名の

ラブラドール・レトリバーの男の子がいました。

大型犬で16歳というと人間だと約117歳の超ご長寿。

でも、ただのご長寿犬ではなく、

獣医さんに「大型犬でこの状態は奇跡だ」と褒められ、

最期まで元気いっぱいな子でした。

そんな最愛のレオが15歳になった時に

慢性膀胱炎と認知症を患い、

病院では発症したら薬を飲んで抑えるぐらいしかできず、

根本的な解決はできないとサジを投げられました。

自分の命を救って母親にまでしてくれた愛犬の苦痛に

私は何もすることができず、

悔しくて毎日涙を流していました。

その時に出逢ったのが、

東洋医学を用いたヒーリングでした。

元々、西洋医学の医療機器メーカーで

マーケティングと学術の仕事をしていた私には、

正直、、、

とっても怪しいもの

にしか見えませんでした(笑)

しかもヒーリングとか言ってるし…(((( ;゚Д゚)))

ヒーリングよ、ヒーリング!! ←小声

何度も言うようだけれど、ヒーリングよ!!!!

頭は大丈夫でしょうか・・・(大汗)

と、半信半疑を通り越して不安しかなかったのですが、

西洋医学では打つ手が無い。

それどころか、

薬を使えば使うほど

腎臓や肝臓は悪くなる・・・

それなら、

レオに悪いことが無いなら

何でもしてあげたい!!

そう思って、思い切って飛び込みました。

そして、

習ったヒーリングを試して見たところ、

病院で手に負えなかった慢性膀胱炎が、

ヒーリングした翌日には出血が治って

薬を手放すことができ、

患うことがなくなりました。

もちろん認知症も改善

おかげさまで最期まで食欲旺盛で自分の足で歩き

何も苦しむことなく、眠るようにその生涯を終えることができました。

おうちメディカルヒーリングは

誰でもできるカンタンメソッド

おうちメディカルヒーリングは、東洋医学の一つである「医療氣功」をベースに、武術氣功と他のエネルギーワークやヒーリングからいいとこ取りをしています。

気功」「東洋医学」と聞くととても難しくて、できるようになるまで長い年月がかかります。

一方で「ヒーリング」と聞くと怪しくて、スピリチュアルのような特殊能力が必要なのではないかと思われがち・・・

ですが、

おうちメディカルヒーリングは

氣功なんて知らない私が

長時間をかけずあっという間にできるようになった、

しかも子育てや家事の合間にちょっとやるだけでOKな

カンタンメソッドなのです。

本来、誰でも持っている力を使うから

特殊能力なんかも必用ない。

私の他にも同じくヒーラーになって、

現在、70人以上の方が 愛犬・愛猫のホームドクターとなって

自宅でケアをしています。

また、私の生徒さんの中には

子供のママさんヒーラーもいらっしゃいます。

私自身も、

様々な不調を回復させて来ていますが、

そして私の生徒さんやヒーラー仲間にも、

ペットちゃんやお子さんにヒーリングして

不調を早く回復させたり、

視力を回復させている方も多くいます。 

子どもや動物の病気は

あっという間に悪化

子どもは回復も早いものではありますが、悪くなるのもあっという間

いきなり高熱を出してグッタリして、

ちょっとケアが遅れて脳障害・・・なんてよくあること。

私の娘も、ちょっと鼻水が気になり始めたと思ったらいきなり高熱を出し、

病院に駆け込んだら切開手前のひどい中耳炎になっていました。

正直、油断していました。

でも、ヒーリングをしているおかげで

自然治癒力が高まっていたから

最悪の事態を免れることができました。

今は、娘の体がやっと予防できるまでに氣巡りが整い、

元気な時間を過ごせるようになってきました。

ヤンチャで走り回るほどで大変ですが、

娘の笑顔が素直に嬉しいです。

動物についてはもっと大変です。

それは、言葉を話せないというのはもちろんですが、本能で痛みを隠すことをします。

なぜなら、野生の中で具合悪そうにしていたら食べられてしまうからです。

なので、氣がついた時には病院で「末期です」などといった診断を下されることが多いのです。

セミナーではどんなことをするの?

* ベーシックコースの内容

○ 氣・氣功概論

○ ヒーリングするうえで大事なマインドセット

○ エネルギーのブロック・浄化方法

○ 病気を「未病」の段階で発見する方法

○ 外氣を取り入れる

○ ヒーリングの効果を上げる目の使い方

○ ママの身体も整い、自宅でヒーリングのチカラを上げることができる簡単5分間体操(養生)

○ 予防にも使える全身の整え方

○ 患部・部位別の手当ての方法

○ その日に氣功師と同じように癒せるようになる、氣の伝授

 * このコースに参加すると

○ 氣について理解が深まります

○ 自然治癒力と病気に勝つことのメカニズムがわかります

○ 不調を回復に導くことができるようになります

○ 子供ともっと触れ合い、元気なることで今より幸せな時間が増えます

* このコースはこんなママさんにオススメ

○ 副作用がある薬をなるべく使いたくない・手放したい

○ なるべくストレスを軽減してケアしてあげたい

○ 西洋医学(薬・手術)では手に負えないレベルの疾病に悩んでいる

○ 病院任せにせず、薬を手放して子どものために自分でもできるケアを身につけたい

○ なるべく自然治癒力・免疫力を高めてあげて、病気になりにくい体を作ってあげたい

○ 子どもと一緒に元気でいたい

* しっかりとサポートさせていただきます

ヒーリングは習った日がスタート。

やっていて分からないことが出てくるのはもちろん、できるようになるまでのマインドセットがとても大事。

終わった後も、メールでサポートさせていただきますのでご安心ください。

* ベーシックコース開催概要

*日 時 ・ 会 場

基本的に1日(1回6時間)、または、2日間(1回3時間)になります。

コロナウィルスの影響のため、日時・会場を設けての開催はございません。

個別に日程をご相談させておりますので、お気軽にお問合せください。

会場はオンラインになりますが、ご不安な方はリアルでのご相談を受付けます。

dogloversstory@gmail.com

*参加費

98,000円(税込)

*お支払い方法

銀行振込

・ご入金をもってお申込完了となります

・申し込み後1週間以内のご入金をお願いいたします。

・ご入金が確認できない場合は自動的にキャンセルとなります。

・お振込先はお申込後にご連絡いたします

*キャンセルについて

○ 講座開催日前の解約
受講料ご入金後のキャンセルは、開催日(複数の日程で開催するセミナーの場合は初回開催日)の
5日前までにご連絡ください。1000円の手数料を差し引いた残りの金額をご返金させていただきます。
それ以降のキャンセルにつきましては、受講料の全額をキャンセル料として申し受けます。
○ 講座開講日以降の解約
講座開催の日以降の受講者からの解約(受講契約の解除)は認められませんので、
解約の申し出をされても受講料の返金は一切いたしません。
連続講座の場合は初回講座日が講座開催日となります。連続講座の途中解約は認められていません。

お申し込み

講座にお申込みの際は、受講規約をご確認いただき、ご了承のうえお申し込みください。
講座にお申し込みいただいた時点で、本規約を了承したものとみなします。

お申し込み・お問い合わせは

下記フォームよりお願いいたします。

講師プロフィール

Dog Lover's Story代表 

根元 りな (Rina Nemoto)

ママのためのフォトブランド「Loving Photo」主宰

なでる東洋医学「おうちメディカルヒーリング」主宰

・一児の母

・ペット医療氣功セラピスト

・ペット陰陽五行セラピスト

・日本赤十字社 幼児安全法指導員

・裏千家茶道 助講師

・アロマセラピーアドバイザー

・指ヨガインストラクター

・コアコンディショニングインストラクター

フォトグラファーとして独立する前のOL時代は、東洋医学とは真逆な、アメリカやドイツの外資系医療機器メーカーでマーケティングおよび学術として勤務。仕事がハードで頭部に腫瘍ができるが、亡き愛犬レオによって一命を取り留め、フォトグラファーとしての自分を見つける。愛犬とのフォトブランド「Dog Lover's Story」を展開し、“愛犬との絆を描く” という意味をこめて「Dographer®(ドッグラファー®)」として活動。

個人のお客様の撮影もちろん、大手メーカーのホームページの写真を手がけ、テレビやラジオ、雑誌にも掲載される。脳科学や、元々カメラが苦手だった経験からの失敗・成功のスキルをロジカルにまとめたスマフォトセミナーは、わかりやすくて面白い!と人気で満席にもなる。

「その時が動き出しそう」「臨場感が伝わるその子らしい写真」は、犬以外の動物の飼い主さんや子供のママさん達からリクエストをいただき、『写真で愛する者との絆を紡ぐ』という意味を込めて『Loving Photo』として、子供とペットもお受けさせていただくようになる。

また、愛犬の病気がきっかけに医療気功をベースにしたペットヒーリングを学び、インストラクターとして活動。自分でヒーリングの講座を開いて生徒を育成する傍らで、約1年で約140頭の動物達を回復に向かわせる。中には、悪性リンパ腫などで生死をさまよう子も改善させる。

この技術を用いて、自分の娘や知人の子供たちにもヒーリングを施して回復に導いた経験から、動物だけではなく、子供たちとそのママさんたちにも笑顔を届けてあげたいと考え、師匠の元から卒業と同時に「おうちメディカルヒーリング」を立ち上げる。

夢は、

難病の子供とママさん・パパさん達に、子供の未来を夢見れるような希望を届けること。

レオのように苦しむ動物たちに、最期まで飼い主さんと一緒に、元気で幸せな時間を過ごさせてあげること。

人と動物が共存できる社会を作ること

この記事を必要な人のためにシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする