スマホ写真でも、ちゃんと「伝わる」

こんにちは!

抱きしめたくなる絆の写真、なでる東洋医学

Dog Lover’s Storyのりなです!

 

先日、スマフォトセミナーを開催いたしました。

対面レッスンの予定でしたが、コロナウィルスの影響でオンラインで。

 

最近はオンラインでのレッスンのご要望を頂いているので慣れてはいますが、
やはり対面で、出来た写真を見てワイワイとするのが楽しいなぁ〜

なんて感じています(*^ ^*)

 

でも、地方の方にはオンラインが便利ですよね!

今後は、オンライン講座もオープンにしようかと考え中です。

 

さて、今回も、スマホでだって伝わる綺麗な写真に仕上げるコツ

お伝えさせて頂きました。

 

写真は、撮る人の想いも伝わるので、

その情景や被写体に心を寄せて撮ることも大事ではありますが、

その前に

『ちゃんと見てもらえる』写真でないと悪気なくスルー

されてしまうのです…(涙)

 

例えば、Facebookでタイムラインに流れてきた投稿を

いいね!もせずに、無意識にそのまま送ってしまうとか…

 

せっかく頑張って文章を考えたのに

感動を伝えられない・共感されないって悲しいですよね(T▽T)

 

でも、脳科学的に認識してもらえる写真だったらちゃんと見てもらえる!

 

プライベートだったら、その時の情景が鮮明に蘇り、

大切な思い出や幸せをもう一度感じることができます。

 

お子さんがいたら、「幸せの証」を綺麗にを残してあげることができます。

 

未来の子供に、たくさん愛して、

大切に育ててきたことを伝えることができる

愛のラブレターになりますよね(^ ^)

 

もしあなたが、SNSやブログを使って集客していたら、

文章を読まれる前にスルーされて売り上げを左右することも…!?

 

せっかく良い商品を持っていてもモッタイナイですよね(涙)

そうならないためにも、脳科学的に写真を理解して

伝えたいことをちゃんと伝えることがとても大事なのです。

 

 

今はコロナウィルスの影響もあって娘が家にいるため、

開催するにはご理解が必要なこともあるので公には募集しませんが、

4月以降に開催できたらな〜 と思っております!!

お急ぎの方は、個別にご連絡頂けましたら幸いです。

 

世界中のインターネットが、ステキ写真であふれますように☆

\友だち登録はこちらから/

 

この記事を必要な人のためにシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする